外壁 塗装 工程

MENU

外壁塗装の詳しい工程を確認しましょう。

外壁 塗装の工程

 

外壁塗装を行うと、足場に覆われて家が暗くなりますね。
一体どんな手順で何日くらいかかるのか知っておいたほうがいいと思いませんか?

 

外壁塗装の工程を調べてみました。

 

@足場の組立て
A高圧洗浄
B下地の処理や調整
C養生
D下塗り
E中塗り
F上塗り
G最終確認
H足場の解体・清掃

 

それぞれを具体的に見て行きましょう。

 

@足場の組立て:家を塗装するには足場を組まなければなりません。騒音に気を付けて約1日で組み立てます。塗料の臭いを少しでも抑えるために布で覆います。

 

A高圧洗浄:まずは長年染みついた外壁や屋根の汚れ・コケ・カビ・を高圧洗浄機とブラシで洗い落とします。洗いながら傷んだ箇所を確認していきます。

 

B下地の処理や調整:外壁の傷みやヒビをそのままにして塗装してもすぐに剥がれます。ヒビの補修やケレン(塗料が剥れやすい鉄や木の箇所に、サンダーやサンドペーパーをかけて塗料が剥がれないようにする)作業、コーキングの修復などを行います。また、鉄でできた部分にはサビ止め処理を行います。

 

C養生:色を塗らない部分をビニールで覆う作業です。窓枠や室外機、バイクや自転車、車などあらゆるものを想定して養生しておきます。ここまでで約3日くらいかけて行います。

 

D下塗り:外壁の本塗りをする前に下地剤(シーラー、フィラー、プライマーなど)を塗装します。これによって色のムラをなくし、塗装が剥がれにくくなるなどの効果があります。

 

E中塗り:選んだ色の塗料を塗る1回目です。1日かけて乾かす。

 

F上塗り:選んだ色の塗料を塗る2回目です。このあと屋根の塗装をする場合は、下塗り・中塗り・上塗りを行い、雨どいや窓枠など細かい部分も仕上げていきます。
G最終確認:塗り残しがないかきちんとチェックします。

 

H足場の解体・清掃:足場を解体して掃除をしたら、外壁塗装完了です。作業は10〜14日程度かかります。ペンキの乾き方は気温、お天気によって変わりますので焦らず作業を見守ってください。

 

これで全行程終了です。
外壁塗装は10〜15年に1回が一般的ですが、足場を組んだついでに屋根の塗装を行う人がほとんどです。
屋根だけのために足場を組むのはもったいないので、同時に行ったほうが経済的です。