外壁塗装 色 種類 素材

MENU

外壁塗装の色・種類・素材の紹介

外壁 塗装 塗料の種類

 

外壁塗装で使用する塗料の種類を調べたらいっぱい出てきました。
あまりにいろいろあるので、どれがいいのか迷いますね。
外壁塗装は安くあげたいから、塗料も安いやつでいいと思っていても、実際調べてみるとそうでもないことに気が付きました。

 

詳しく見てみましょう。

 

まず塗料には以下のようなものがあります。

 

@アクリル系塗料 
Aウレタン系塗料 
Bシリコン系塗料
Cラジカル塗料  
Dフッ素系塗料
E光触媒塗料 

 

これだけ見てもどれがいいのかよくわかりませんね。

 

@アクリル系塗料:プラモデルの塗装に使われるものです。とても安価ではありますが、耐久性が低く5〜8年で次の塗装をしなければなりません。

 

Aウレタン系塗料:伸縮性があるの木製の部分に使うと塗料がバリバリと割れることなく、長くもたせることができます。アクリル系塗料に比べると長持ちですが耐久性は7〜10年です。アクリル系塗料に比べると少し値段が上がります。

 

Bシリコン系塗料:耐久性が10〜15年と比較的長いのに、値段も手ごろということで今一番人気のある塗料です。

 

Cラジカル塗料:家を傷める原因のラジカルの発生を抑える効果と、防汚効果が高いです。が、比較的新しい素材なので扱っていない業者もあります。

 

Dフッ素系塗料:耐久性が15〜20年と長期なのですが、コストがやや高めであります。ビルや橋の塗装などあまり何度もメンテナンスできない場合にはオススメです。

 

E光触媒塗料:太陽光や雨を利用して、自分で自分を掃除させるセルフクリーニングの塗料です。15〜20年と耐久性にも優れているのでオススメですが、やはりコストが高くなります。

 

いかがですか?
このように塗料は一長一短なのです。
どの素材を選ぶかは自分次第ですが、その特徴を知っておくと悪徳業者に騙される心配が少なくなりますね。